情報の取り扱い問題

Posted on

時代が変化してきた為、近年では、ソーシャルメディアやクラウドサービスの急成長によって、情報収集が容易となる一方、情報が氾濫し、膨大にある情報の分析処理を、どのように行っていくかが企業としての大きな課題となりつつあります。大企業では、データウェアハウスなど大量のデータの分析、管理システムを開発し、適用することができますが、中小企業では、自社で大量のデータの格納するための予算や技術が無いため、活用している企業はほとんどありません。しかし、それはとても残念なことで、多くのビジネスチャンスを逃すことになります。

情報収集を行い大量のデータを分析し、その後の対策や予測に役立てることで、ビジネスの際に有利な意思決定ができるようになります。例えば、天候と商品ごとの売上のデータが有った場合、雨の日、晴れの日で仕入れる商品を変えることで、セールスを伸ばすことにつながります。天気予報も、過去のデータの統計学です、もし気象予報がなければ、あなたは雨が降る日に傘を持っていかず、雨に濡れ風邪をひくこととなります。

現在での情報の収集、分析をしていない多くの中小企業がやっているビジネスというのは、このように非効率な方法なのです。

それに、現在では自社で処理せずとも、ビッグデータのコンサルティングソリューションサービスも存在しており、大きな負担もなく簡単に活用することが出来ます。サービスを供給している企業には、高い技術が必要なため、大手企業が多く、自社の都合に合わせて柔軟で様々な提案をしてくれます。

近頃は、個人情報や機密などの取り扱いなどで問題となることも多く、情報は厳重かつ慎重に扱うことが企業のコンプライアンスとなっており、情報流出などのセキュリティリスク回避の主旨でも、ビッグデータの措置は、ビジネスを進めていく上で必ず有益なものとなります。

自社内で専門の部門を作るにしても、自社に関する実情を絡めて実際に相談することで、ビッグデータ活用の必要性がわかりますので、まずは一度、ビッグデータコンサルティングを行っている会社へと相談に行くことをおすすめします。