開業をするための資金は業種によって違ってきます

Posted on

何かを始めるとお金はかかりますが、独立開業をするとなると、資金はかかります。その資本金がどれ位かかるかは、業種によって違ってきます。それが比較的高めな業種もあれば、比較的少なめな資金で開業ができる業種もあります。例えば小売業などの際は、独立開業のための資金は比較的低めな流れがあるのです。全体平均の場合、1100万円前後で開業ができるケースが一般的です。

また数あるような業種の中には、個人向けのサービスを提供しているような所もあります。

法人向けのカテゴリーではなく、完全に個人向けのものです。そのような業種のケースは、上記の小売業に比べれば若干高めになってきます。平均的には、1300万円ほどの開業資金が必要になる場合がほとんどです。また飲食店などは、もっと沢山の資金が必要となる場合が圧倒的に多いです。

全体的な平均値としては、1600万円台となっています。独立にあたって、多くの金額が必要となる業種もあれば、少ない資金でも独立が可能な業種もあります。

どの程度の負担となるのかは、業種次第になってきます。しかしそれも、会社によって異なる一面もあるのです。

前述の飲食業の場合、全体の33パーセント前後は1000万円から2000万円の資金にて開業している状況なのです。それに対して全体の28パーセント前後では、500万円から1000万円前後位の資金で開業をしている傾向があります。その業種の場合は、2000万円以上で開業をしている会社は、全体の2割4分程度という状況です。