商売開業には立地が重要なので良い物件を見つけましょう

Posted on

開業場所はまず住居代を先に調べましょう。どのような商売であっても、開業をするにあたり重要になるのが立地です。

手始めに注目するポイントは、その立地場所です。できれば沢山の人が行き来する場所である事が望ましいです。住宅地の真ん中や、幹線道路沿いにあれば理想的です。しかしながら、この様な場所は物件の賃貸料が高くなってしまいがちです。

これの支払いを続けるのは、それに見合った売り上げがなければいけません。様々な経費がある中で家賃の占める割合は高めですので、その事も考慮しなければいけません。そのため、ある一定のお客さんを確保できそうならば、必ずしもその様な点にこだわる必要はありません。人が多ければ多いほど競争がすさまじくなりますので、そのようなことに巻き込まれないことも経営上の戦略なのです。

細かい点としては、やはり交差点に立地している事が理想です。さらには駐車場などがあると良いでしょう。

昨今は車の社会とも言われている様に、多くの人が車を用いて移動しています。ほんの数百メートルでも車を使うのが当たり前になっていますから、それに合った物件の方が有利だと言えます。しかし、駐車場が広いという事は、その分店舗面積が小さくなります。どちらもというのはお金に余裕があったら可能ですが、これからはじめて商売をしようとする人には負担が大きくなります。結論から言うと、どちらの場合もそれ程問題ではありません。しっかりとしたサービスだけ行われていれば、どちらであってもお客さんはやって来るからです。

飲食店ならば美味しい料理を提供し、丁寧な接客をするという基本さえ守っていれば別段問題はありません。

自分がやりたい店と同じタイプの物件であれば完璧です。以前誰かが飲食店をしていて、今は空き物件となっているのなら出来るだけ早い内に見に行きましょう。人気がありそうな物件は予め狙っている人達が大勢いるのです。その人達に先を越されない様に気をつけましょう。良い物件を手に入れる事が出来たのならば、商売の成功も約束された様なものです。