自分で楽器を演奏したり仲間と楽器を演奏すれば音楽を楽しめる気分になれます

Posted on

クラシックをはじめとして音楽というのは人生を充足させ、生活を喜びあるようなものとしてくれます。音楽を聴くだけで元気などが出たり、慰められたり、リラックスすることができるのです。もしも音楽がこの社会になかったとしたら、それは本当につまらないものとなってしまうに違いないです。とはいっても、音楽を聴くよりも自分で楽器を演奏できるようになると、さらに楽しくなります。

そしてある楽器と別の楽器とをコラボレーションして演奏ができるならばそれは実に楽しいものになり、そのうちにそうしたことをしているとバンドを結成するかもしれません。

個人で楽器を演奏する場合や、バンドのように数人で演奏するとしても、誰かの作曲したものをコピーしてその楽譜どおりに演奏する際もあれば、自分なりに楽曲を作成してみて、いろいろとアレンジをしながら演奏してみるというのもとても興味深くて面白いのです。

自分はどの楽器がよいか習得したいのかが大切です。それはピアノかもしれませんし、クラリネットやサックス、ギター、ドラム、その他かもしれないです。

それらの中で自分が最もやってみたいものを選択することができますし、やり始めてみたものの、自分にはさほど合わないとかで違う楽器に変えるということもあるかもしれません。あるいはどうしてもうまく弾くことができないという悩みを抱えるようなことがあるものです。

そのようなときには友人に助言を求めたり、あるいはその楽器演奏のためのスクールやレッスンなどを受けてみたりするということもできます。

更新情報