音楽は世界の共通語として演奏される楽器による感情表現なのです

Posted on

音楽をたしなむ人は沢山います。音楽は世界共通の言語として有名ですが、楽器を使って演奏する音楽もまた世界で共通の言語でもあります。楽器を使って演奏することは世界中の人達が楽しめる娯楽でもあり、また楽器を用いて奏でる音楽は世界中の人が楽しめるエンターテインメントの一種でもあるのです。

楽器はその国の文化が色濃く反映されるツールとしても知られ、国家ごとにそれぞれの国特有の楽器を持つ楽器文化が世界中の国々で根付いています。国ごとに異なる楽器文化は現在においてはフュージョン音楽やポップミュージックなどの分野で融合を行い、世界各地の様々な種類の楽器による音楽を聞くことが出来るようになりました。楽器によるミュージックセッションは言葉がいらない魂のコミュニケーションとして世界中のミュージシャン達から支持されており、楽器が道具のミュージシャンにとっては、国や言語の障壁を越えることが出来る道具である楽器を使った、世界各国のミュージシャンとのミュージックセッションは望みの楽器演奏の一つでもあります。

楽器を演奏する時に初めは方法や楽器の演奏方法が大事になってきますが、それらの楽器の演奏方法の基礎を学習した後には、楽器を演奏する演奏者そのものについての資質が楽器演奏で奏でる音楽の良し悪しへ繋がってきます。楽器演奏を披露するときは滞りなく演奏を行うことも大切ですが、まず気にすべきことは楽器を演奏するその演奏者、次に楽器から奏でられる音楽を聴衆の人達、つまりオーディエンスの人達が一体となって楽しむ状況が大切です。楽しい音楽を奏でる時には楽器を奏でて楽しいリズムやテンポの音楽を、そして悲しい音楽を演奏する際には、楽器を使って悲しげで悲壮感のある音楽を奏でることでメリハリのある楽器演奏をオーディエンスの人達に届けられます。