マンションと戸建て住宅の鍵の違い

Posted on

住宅には、必ずと言って良いほど鍵が存在します。なぜならかなり多くの住宅には、ドアが設置されているからです。そのほとんどのドアには鍵が設置されています。ですので出入りの為には鍵が必要になるのですが、それも住宅によって色々な種類があるのです。

住宅は大きく分ければ2通りになります。マンションもしくは一戸建てです。
さらにその2つの住宅は、鍵に重要な違いがあります。はじめに戸建て住宅の場合は、鍵はたいがい1種類になるのです。2種類もの鍵が必要になるケースは、極めて稀です。その点マンション物件などの場合は、鍵が2種類になっている場合が多々あります。何故かと言うとその物件では、2種類の扉が設置されている事が非常に多いからです。

1つ目の鍵の用途は、元来多くのマンションには、外からマンションに入る為のドアが設置されていますので鍵を使って中へ入りましょう。
開錠後は、自宅のドアを開けなければなりません。その為には、また別の2つ目の鍵が必要になるのです。一戸建ての場合はエントランスというものが無いため、鍵はたいてい1種類になる訳です。そしてマンションの場合は、鍵を開けるためにパスナンバーが必要になるケースがよくあります。

鍵の新規取付で安心。大阪へ越してきたらまず電話

街を通っていると、集合住宅の入口部分パネルが設置されている事があります。このパネルには、番号を入力するためのボタンがあります。
そのボタンで正しい番号を入力して、出入りができるような仕組みになります。いわゆる暗証番号用のパネルなのです。外部からの不法侵入を防ぐように、わざわざそのようなシステムが導入されている訳です。そして戸建ての鍵の時は、そのような番号システムに左右される事は滅多にありません。戸建てなどの場合は金属錠だけが用いられている事が多いのです。すなわちマンション物件などの鍵には、「2種類」及び「番号システム」という2つの特徴がある訳です。