玄関の鍵はいろいろな種類があります

Posted on

玄関は、住まいの出入口になります。出入口にはドアが設置されているのですが、そこにはおおむね鍵が設置されています。その目的としては、不法侵入を防止する為です。住宅に見知らぬ人が不法侵入されれば、予測できない大変な事になってしまいます。盗難などによって、甚大な被害が発生してしまう事もあるのです。それを防ぐ為に、人々は玄関に対して鍵を設置している訳です。

24時間365日対応!鍵のトラブルならお任せ

ところで最近の鍵は、前に比べると電子タイプが増えている傾向があります。
昔は、電子タイプの鍵ではなかったのです。以前に用いられている鍵は、主に1種類でした。金属タイプの鍵が用いられていて、電子タイプの鍵はほとんど見られなかったのです。

一方、最近は、番号タイプやカードやスマートフォンなどと一緒に使わないと作動しないタイプのものが増えてきました。例えばマンションの入口部分などは、番号タイプの鍵が設置されているケースがとても多いです。入口部分はマンションの玄関に相当しますが、そこにはたいていパネルが設置されています。
それに暗証番号を入力すると、開錠することが多いです。それとカード媒体で扉が開くタイプのキーも多いです。そのようなタイプの鍵の場合は、たいてい入口部分にセンサーが設置されています。センサーにカードをかざすと、扉が開くという仕組みになるのです。それとスマートフォンで開くタイプもあります。それを同様にセンサーが設置されていて、スマホをかざすと開くタイプが多いです。
しかしながらスマホを紛失してしまうとドアは開きませんので、注意しましょう。

今では、このような電子タイプが増えてきています。というのも現在では、玄関から不法侵入をする為の手口もじわじわと巧妙になってきているのです。これまでの金属タイプでは不法侵入を防止するのは困難になっているので、最近では電子キーも増えてきている訳です。ただし電子タイプの鍵は金属タイプに比べると、値段は高めになります。その分スペックは高めになってくる訳です。