最早ピッキングなんてもう怖くない鍵

Posted on

鍵を保守する上で一番怖いとされているのがピッキングというものです。これは針金で鍵を開けてしまう方法であり、特に旧式鍵に多い事例となっています。針金は鍵と同じ役割を果たすことができるので、キーを開けるのに必要な部分を開けてしまうことが可能なのです。特に昔のタイプは単純な構成となっており、ピッキングが簡単な状態になっています。
そのため手慣れている人にかかれば容易に開けることが可能となり、鍵を開けて侵入するといったことができます。

鍵開けを千葉で依頼するならこちら!
もしけっこう昔の鍵を利用しているのであれば、早々に新しいものに交換するくらいの配慮が必要となります。鍵を新しいものに交換することによってピッキングが不可能な状態を作ってしまえば、簡単に住居侵入を防ぐことができるのです。今の鍵はピッキング対策が施されており、簡単に鍵を開けるような構造になっていません。
何らかの動作が必要で、針金の使用のみでは絶対に開かないようになっていることから、不安なく生活をすることができるのです。

ピッキングは決定的に開錠する部分に針金を入れてしまえば容易にできますし、鍵穴に沿って針金を曲げてしまえば何でも開けられます。でも複雑な構成となっている鍵を開けることは非常に時間がかかり、特に回すという動作を行わないと鍵穴が開かない設定であればまず開くことはありません。近頃はこの回す動作を入れることによって、鍵の安全性を高めている会社も増えています。
回すと針金は曲がってしまい、鍵穴などに沿って開けることが出来ないのです。

ピッキングの対策をしっかりと行うことは重要であり、最近は多くのメーカーが取り入れている項目です。ピッキングに無防備だった昔の鍵とは違って、現在導入されている物のほとんどは対策が行われています。けれども昔の鍵を交換することが出来ない賃貸物件等は辛い所で、どんな方法でピッキング対策をしていくのか本人が考えることとなります。