開業の準備とはどのようなものがあるのか

Posted on

今来の職歴で得たスキル、知識、経験をより多く活かしもっと活躍の幅を広げ自分オリジナルのものを1から創作してみたい、そんな方が夢見て現在も多くの若者が挑戦を続けています。自立、他からの助力を受けず歩いていく。そして起業に至るまでとなると大きなハードルが目の前には立ちはだかります。ただ漠然とした不安感の中でも1歩ずつ進むしか他に手はありません。それ相応の相当な資金と準備期間を必要とします。

まずは自分と共通のパートナー探しが一番重視すべき点です。学生時代の友人や前職の開業に興味を示してくれた同僚へのメールなど、心底分かり合えていつかは会社の右腕になってくれる方がいればいいと考えます。そして企画、立案、施工で開業という流れになりますが、コンセプトをまとめ進む方向性が決定したらまず出店場所を決めます。周りにはどういった施設が存在し、ライバル店、人通り、年齢層などを事前調査し立地の条件を判断し店舗を借ります。
商号については自分で決定してもいいですし、店名募集に関しての依頼を出してみるのもいいと思います。

そして店内の内装、外装を提案し受付したり、売り場を施工したり、ショーウィンドウとか照明などのレイアップ、装飾品の飾りつけが済んだらもうあと少しです。当然かかる費用が営業にはある例えば光熱費などのほか必要最低限の経費があります。それに加え開業を準備する資金も必要なので、誰しもがマイナスから起業する事になるわけです。
在庫の管理の仕組み、長期的に推測した純利益率の試算、1日の売り上げ目標、商品の価格、品揃えを決定したら複数の仕入れ先から事前に相談しておいた単価で商品を仕入れます。事業の種類により許認可がいるので役所や税務署、社会保険事務所に相談します。

そして長い道のりの越え、晴れて開業オープンとたどりつきます。よく見かける店舗の前に飾られた出店祝いの花々の裏にはこんなにも大変な苦労があってこそやっと開業できたとういう心情も込められているのです。