無線LANの規格を理解しておこう

Posted on

現在家庭や街中で通常利用されている無線LANですが、無線LANには規格があり、使われている機器が規格に対応していなければ、電波が飛んでいた場合でも使うことが出来ないことになります。無線LAN規格は大きく分けて5つの規格が存在しており、最近利用開始になった11ac、2つの電波帯域で使用可能な11n、電波干渉へ強い11a、最も利用が多い11g、さらにその下の11bが存在しています。

これらの最大の違いは通信速度で、11acは最大で6900Mbpsの速度が出るのに対し、11bに関しては11Mbpsという超低速の通信しか出来ません。理由は規格が違えば帯域の幅に違い生じるからであり、11acの場合には、法改正で使える帯域の幅が増えたことにより、高速通信が実現できたといえるでしょう。
分かりやすく言えば、道幅が広くなった為たくさんのデータが混雑することなしに、一度に運べるようになったと考えれば良いでしょう。

無線LANは規格によって利用している周波数も異なっており、11bと11gは2.4GHz帯となり、11aは5.2GHz帯、11nは2.4GHzと5.2GHzのデュアルとなります。11acでは5.2GHzとなります。2.4GHz帯ですと、電波の飛翔範囲からくる繋がりやすさが一番にあがりますが、電子レンジなどの家電も2.4GHz帯を使っているため電波干渉を受けやすいという不具合があります。
無線LAN機器と端末の間に電子レンジがあった場合には、干渉の影響で電波が弱まるといった状態になりやすいということです。5.2GHz帯を使っている仕様に関しては、電子レンジなどの電波干渉がそれだけない為、高速で確固たる通信を実現できるといえます。しかし直進性が強いため障害物などに弱く、遠くまで届きにくいという欠点があります。
11nという規格は2.4と5.2の両方の周波数帯で使用できるため、どんな場所でも無線LANを快適に使用できる規格と言っても過言ではないでしょう。

無線LANの規格を選ぶパターンでは、自分の使用環境によってどの規格なら利用できるかを識別して最適な規格の無線LANを導入する必要が生じてきます。とはいっても近年の無線LAN機器は数種類の規格を搭載している物がほとんどですから、それほど難しく考えなくても無線LANの導入が可能なのではないでしょうか。