不動産のシェアハウスとはどのようなものか

Posted on

独身の一人暮らしというと賃貸マンションが共通です。賃貸マンションは田舎でも都会でも全国各地にいくらもあり、供給過剰の状態ですので選り好みしなければすぐにでも物件が見つかる時代です。そして最近増えているのがシェアハウスというものです。

港区にある賃貸マンションをご覧いただけます

シェアハウスとは通常のマンションと異なりキッチンが共同だったり、大浴場が備わっていたりと、共有スペースが設置されている物件のことを言います。

大学や企業の寮をイメージしてみればわかりやすいと思います。寮ならば同じ大学に通っている人や同僚などが一緒に住んで、食事を出してもらえますがシェアハウスは全く知らない赤の他人が共に生活を送り、食事などといったものは用意されません。

「住宅・不動産」カテゴリのお題一覧 – All About Good Answers

こういったシェアハウスは最近とても増えていて大手の不動産会社などが新築で建設したり、売りに出された寮などを獲得してシェアハウスの入居希望者を集めるなど様々です。特に都会ではこうしたシェアハウスが増えているといわれていますけれども、その理由はいくつかあります。
まず地方の人が都会に出てくるとどうしてもさみしいから共同生活を送っていると家族と一緒に生活しているような心持ちで、寂しさを紛らす事が出来るという理由です。そのほかにこのようなシェアハウスは家賃が抑えられていますので、家賃が高い都会ではこうしたシェアハウスが便利にされるという理由があります。

片やデメリットもあります。まずシェアハウスの生活を楽しみにして入居してみても、そこでの生活が上手くいかない人が出てくることです。
大人になると一人でゆっくりしたいときもありますが、共同の生活で煩わしさもありますので、こうした生活に嫌気がさしてしまう方も多く、賃貸マンションに引越しする人も実はたくさんいます。またこの種のシェアハウスは友人や恋人を家に招き入れるということが拒否される物件がほとんどですので、こういう不便さもあります。ですので共同生活が好きな人にしかあまり向いていないと考えられています。