様々な物流や運送業界で役立つ免許や資格と技術について

Posted on

様々な運送手段があります。物流をしている運送会社のほとんどは港湾運送事業免許や鉄道運送に係る貨物利用運送事業などの登録をしたり許可を受けていたりし、一般貨物から産業廃棄物に至るまで色々な輸送手段があります。また自身で配送業に活かすために取得できる免許には、フォークリフト運転技能講習もしくは海上コンテナトレーラーの牽引免許や大型免許があります。

そして産業廃棄物収集運搬業許可という専門の知識が不可欠な講習会もあり、講習会終了後に実施されるテストに合格して、講習会修了証を取得できます。他の資格としてガスやPCB、ガスボンベ、ガソリンといった危険物を取り扱える危険物取扱者という定期的な講習を受ける免許もあります。
バス運転手の短期雇用を禁じた道路運送法に抵触する疑いが浮上。 – NAVER まとめ

運搬には人の手が求められていますが、トン単位の資材や海上コンテナ輸送には機械作業が不可欠となりますので、資格や免許を持っている熟練のプロの目が現在、全国の物流を支えているのです。
さらに異業種にも言えるのですが、取った免許や資格は、自分が仕事場で有効に利用できる最強の武器でもあり採用面接でも優遇されますので、運送や物流の業種でも同じように取り扱われます。

運搬する荷物の種類で運搬方法は違いますが、前述の免許を取得していればスムーズに効率よくスピーディに積込み段階から配送までできるようになります。お客様の重要な荷物を運ぶためにはドライバーのスキルや経験が不可欠で大型貨物だと玉掛け技術、トラックへの貨物積込の技術、貨物の固縛技術等も必要となり、もっぱら運転するだけでは満足できる評価にはならないでしょう。

精密機械の部品や注意が必要となるものに関しては細心の注意が必要ですし、梱包の技術も必要とされます。郵便や新聞等の配送は普通自動車免許さえあれば出来ますが、産業廃棄物や大量のコンテナを運搬するには特別な免許や許可が必要で、今日も多くの方が作業されています。指定した日にち、時間に荷物が遅延せず届いているのは彼らの磨き上げられた手腕があるからなのです。